理由は必要?

悩む女性

離婚には何らかの理由が必要・・・

そう思っていませんか?

 

もちろん、「別れたい」と思うからには、それ相当の理由はあるでしょうが、双方が互いに納得しているのであれば、どんな理由であろうと一向にかまいません。


•一人になりたいから
•相手の○○が気に入らない
•とにかく一緒にいるのがいや
•もう愛情がなくなった


他人からしたら「なぜ?」と思えることでも、当人同士が納得の上でのことであれば、一向にかまいません。


ただ、片方が離婚をしたいと思っていて、もう片方がそれに応じない場合、相手が納得するだけの理由は必要です。

また、協議(話し合い)がまとまらず、裁判に発展した場合は、民法が定める次の5つの事由(理由)に該当する必要があります。

 

 

民法が定める5つの事由(民法第770条1)

  • Ⅰ.配偶者の不貞行為
  • Ⅱ.配偶者による悪意の遺棄(生活費を渡さない、家族を無視して勝手に別居するなど)

    • *「悪意」とは、法律用語で「一定の事情を知っていること」をいいます。
      道徳的な「悪意」ということではありません。   
      「悪意の遺棄」とは、相手が困窮するのがわかっていて義務を怠ることです。
  •  
  •  

  • Ⅲ.配偶者の生死が3年以上不明のとき
  • Ⅳ.配偶者が強度の精神病にかかり治る見込みのないとき
  • Ⅴ.その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき



【まとめ】

・協議離婚、調停離婚では、離婚の理由は問われません。
・理由が必要なのは裁判になってから。民法に定められた5つの事由に該当するかどうかが問われます。

 

 

2016年07月10日|ブログのカテゴリー:離婚について