誰に相談したらいいの?

私が離婚を決意した時、誰に相談したらいいのか、ということが正直悩みの種でありました。
世の中にはいろいろな「専門家」がいます。「離婚」という現実に立ち向かうとき、様々な状況の中でどんな人に相談をしたらいいのか、簡単に解説します。

 

向かい合う椅子

1.カウンセラー


「カウンセラー」を名乗る方にはそれぞれに専門分野がありますので、離婚や夫婦問題を専門に扱っているカウンセラーに相談するのがいいでしょう。

 

  • ・離婚について迷っている

  • ・離婚を考えているがまず何をしたらいいかわからない

    ・配偶者との関係で精神的に参っている。何かアドバイスがほしい

などなど、離婚に絡んで、今後の指針やメンタル面でのアドバイスが期待できると思います。

カウンセラーの方が資格を持っていれば別ですが、基本的には、アドバイスにとどまり、法的な手続きはできません。

 

 

2.弁護士


法律に従って問題に対処していくのが弁護士です。
すでに夫婦間で離婚に合意してはいるが、たとえば養育費などの金銭的なことで折り合いがつかない場合、別居していて話し合いの機会が持てない場合など、弁護士を介して話し合いを進めるというのも一つのやり方です。
いわゆる「紛争」が生じている場合、一番頼りになる存在といえるでしょう。


単に「相談」ということであれば、自治体などが主催する無料の「法律相談」を受けることができますし、法テラス(日本司法支援センター)を利用したり、個別の弁護士に依頼することもできます。


正式に依頼となると着手金、報酬金合わせて40~60万円前後(あくまで目安)の費用を必要とします。
まだ離婚するべきかどうか迷っているという段階で弁護士に依頼することはお勧めできません。
また、あくまで法律や過去の裁判の事例に従って問題を解決していくことになりますので、心のケアまで期待することはできません。

 

こんな場合は弁護士に相談してください。

  • ・離婚の合意はできているが、条件の面で合意ができない

  • ・話し合いがこじれてしまい、夫婦だけでは解決できそうにない

    ・相手が弁護士をつけた

    ・調停を考えている

    ・裁判で決着をつけるしかない

 

弁護士さんならだれでもいいか、というと、そういうわけでもありません。弁護士さんにもそれぞれ得意とする分野があるからです。ホームページなどで確認し、離婚問題を得意とする弁護士さんを探してみてください。

 


 

3.専門医(心療内科、精神科など)


食欲がないとか眠れないといったことはごく日常的に起こりうること。ですが、ストレスからこれらの症状が出たりして、普段と様子が明らかに違う、と感じたら、専門の医師を受診してください。
心や身体が健康な状態でないと、正しい判断をすることも難しくなります。





【まとめ】

自分の置かれた状況にあった相手に相談することが大切。
だれがどんな専門なのかを知っておくとよい。

2016年07月12日|ブログのカテゴリー:離婚について