財産分与、どうやって?

白いソファ
  • 1. 財産分与とは

  •  結婚生活中に夫婦の協力で築き上げた財産を清算し、公平に分配することを「財産分与」といいます。


    離婚後、経済的に苦しくなる妻(夫)の暮らしを助ける目的(離婚後扶養)もあります。



2. このような財産が対象です 

婚姻中に夫婦の協力で得た財産=共有財産

婚姻後に購入した家、車、有価証券、高額な美術品、宝飾品、家財道具
婚姻後に築いた預貯金、保険金
将来受け取る予定の年金や退職金(婚姻期間中に相当する分)
住宅ローンなどの借金

 


3. このような財産は対象とはなりません。

個人の所有と認められる財産=特定財産

結婚前から所有していたもの(独身時代の預貯金、独身時代に購入した車、不動産、嫁入り道具など
結婚後に相続や贈与などで得たもの   
自分の財産から得られた収益(親から相続した不動産の賃貸料など)
日常的に各自が専用で使うもの   
別居後に取得したもの   
結婚前の借金   
*結婚後の借金でも、遊興や浪費によるものも対象外です。

 

 4. 財産分与の手順

(1)財産をリストアップする

プラスの財産だけでなく、車や家のローンなどのマイナスの財産もリストアップします。

(2)共有財産の総額を計算

プラスの財産-マイナスの財産=財産分与の対象額

(3)お互いの話し合いで分配する

話し合いで決まらない時は、調停、審判、裁判へ

(4)文書に残す

養育費同様、取り決めたことは必ず文書に残しましょう。


5. 財産分与に関する誤解

(1)収入も預貯金も夫名義なので、妻の自分はもらえない


×
妻が専業主婦で、夫の収入だけで暮らしていた場合でも、財産が築けたのは妻の内助の功があったからという考えにのっとり、夫名義の預貯金なども共有財産として財産分与の対象になります。

(2)妻の取り分は2分の1.なので、家事をしなかった専業主婦の私でも、2分の1の財産分与を受けられる。

↓    
×
基本的には無収入の専業主婦でも、2分の1の分与が認められています。ですが、それはあくまで「基本」。寄与度(財産を作るのにどれだけ貢献したか)に応じて、分与の割合は増減します。したがって、家事を全くしない専業主婦の場合、2分の1の分与を認めてもらうのは難しいかもしれません。(もちろん、夫が合意すれば、2分の1以上の分与を受けられるかもしれませんが)

(3)有責配偶者(浮気など、離婚の原因を作った側)からは財産分与を請求できない

↓    
×
有責配偶者からの財産分与の請求も認められます。

6. 離婚後2年で財産分与は請求できなくなります。

  相手が話し合いに応じてくれれば何年たとうが財産分与の協議をすることはできます。
  2年を経過すると、家庭裁判所に申し立てすることができなくなります。




【まとめ】

・どんな財産があるのかリストアップをする。(マイナスの資産も忘れずに。)
・離婚後2年で財産分与H請求できなくなるので注意(除斥期間)


2016年07月15日|ブログのカテゴリー:離婚とお金